Mコミュみたいなサイト

インターネットを利用したアダルトSNSが目立つようになってきました。
アダルトSNSの書き込みを見ていると、案外割り切った付き合いであったり、セックスフレンドの募集らしきものが多数見られます。
アダルトSNSという場所だから、そのような書き込みが多いのかと思ったらそうでもないようですね。
以前ある雑誌にて20代~30代の女性を対象にとったアンケートの結果、8割以上の女性が「日常的にセックスをするパートナーがいる」と回答したそうです。
当然、その年代の女性ですから、結婚している女性もたくさんいるでしょうし、社会に出てきちんとしたパートナーとお付き合いをしている女性も多いと思います。
この「日常的」という意味ですが、少なくとも月に1回以上、という定義だそうです。
そう考えると、1ヶ月に1回以上のセックスをしている女性の割合が8割というのは、その結果だけなら、そんなに驚くべき数字ではないと思うのですが、問題はここからです。
その相手をさらに踏み込んでアンケートしたところ、彼氏・夫と答えた女性は、これも約8割。
残りの2割は「それ以外」と答えているそうです。
その2割の「それ以外」こそ、セックスフレンドの存在に他ならないのではないでしょうか。
このとき、セックスフレンド=純粋にセックスだけの関係、と、セックスフレンド=セックスもすることがある友達としてみると、実はもっと「それ以外」が多くなってくるのではないかと思います。
こういった周りの状況の刺激などが、アダルトSNSでの書き込みにつながっていると考えてもおかしなことではありません。

このセックスフレンド、言葉こそこの数十年で浸透したと思われますが、存在というか実態自体は、すごく昔からあったのではないかと思います。
当然、性にオープンになってきた今でこそこういった言葉がありますが、もともと日本ではあまり大きな声で言える類いの物ではないのでしょうね。
今現在もそういった意識が根強くあるはずですので、統計はあまり当てにならないかもしれません。
そういった付き合いがあっても、言わない、答えない、といったことがあるのではないかと思っています。
明治時代や、大正時代に、同じような統計を取っていたら、どのような結果が出ていたのでしょうか。
少し気になりますね。
セックスフレンドの定義ですが、これとこれを満たしていたらセックスフレンド、のようなものがあるわけではないので、幅広い意味になってしまいますが、基本的には、男女合意の上での関係、と言えるでしょう。
ただし、男性と女性の意識というのは双方異なったものがあるのは当然で、双方合意とはいえ、女性は気持ちが入っているのに対して男性はないとか、その逆とか、微妙な関係の上に成り立っているのも事実です。
こういった性質上、セックスフレンドが長く続くことはあまりなく、どちらからともなく関係が崩れてしまったり、どちらかの感情が踏み込みすぎてしまったり、あるいは圧力などによって終わってしまうことがほとんどのようです。

体の相性、というのは誰が言い始めたことかはもちろんわかりませんが、よく言われる言葉でもあります。
結婚した相手や、今付き合っている相手が、必ずしも体の相性が最高な訳ではなく、そういった不満をお互いが解消できないと、このセフレを作るきっかけになったり、あるいは不仲のきっかけになったりすることも事実です。
逆に、体の相性がすごく良かったから=セフレになるわけではありません。
こういった関係になったからといって、そこから実際に付き合ったり、結婚には発展しなかったりすることがほとんどなのも、この関係の面白いところです。
このように、男女の関係は微妙なのですね。
でも、以外とこのセックスフレンドの関係を持っているという人たちに聞いてみると、「ラク」という言葉が返ってくることが多いのです。
「付き合う必要がない」「プライベートに干渉しないから」「将来のことに関して問われないから」というのが主な理由なのですが、意外と現在の関係に満足していることが多いようです。
考えようによっては、お互いの意識が同じであれば、一番「都合のよい関係」を築けるのでしょう。
少し寂しい時、刺激がほしい時、遊びたい時、本気の人には言えない相談。
そういった場合には、このセックスフレンドくらいの関係で、多少ライトに付き合っていることがとても心地よいと考えるのは、おかしなことではないのかもしれません。

アダルトSNSや出会い系によってこういった出会いのきっかけを持つことは難しくなくなってきました。
当人達の合意があって、他人に迷惑をかけていない状態、社会的・モラル違反もしていない状態であれば、これはこれで成り立つものなのでしょう。
このセフレという関係が、認知されることは今後も考えにくいのですが、その割合自体は増えていくのかもしれませんね。

セフレ探しの定番となるか?アダルトSNSの持つ潜在能力を覗いてみた

インターネット上で、「セフレ」と検索してみると、最近目立つのはアダルトSNS。
そのほとんどは、出会い系の発展として展開されており、場所によっては「あなたの地域ですぐに見つかる」や「でも簡単に見つかる」などといったキャッチフレーズで勧誘をしています。
実際に、セフレというのはそんなに簡単に見つかるものなのでしょうか。
興味本位で、そういったアダルトSNSをちょっと覗いてみました。

セフレ探しで、一番重要な部分はやはりどの地域かということだと思います。
離れすぎていても、会う機会がなくてなかなかそういった関係に発展しづらいでしょうし、近すぎたとしても、どこか気まずい部分や、周りにバレてしまうといったリスクがつきまといます。
ですので、どこのアダルトSNSでも地域選びというのは案外力を入れているような気がします。
数々の出会い系でも、真剣なお付き合いを求める人たちに対して訴求しているところもあれば、アダルトオンリーに振っているところ、そしてセフレ選びに特化したところもあったりして、どこが良いのか選ぶのはなかなか難しそうです。
今回は、そんなアダルトSNSをちょっと廻ってみることにしました。

最初に向かったのは「A」というアダルトSNS。
ここは特に、セフレ募集をうたっているわけではありませんし、もちろんいろんなジャンルの友達紹介のページもあります。
行って見ればごく一般的な出会い系のSNS。
ちょっと期待薄かなと思いながら、ものは試しと思い、覗いてみることにしました。
結果から言ってしまうと、やっぱり期待したものはほとんどありませんでした。
掲示板自体にはそこそこ女性からの書き込みがありましたが、掲示板に男性が書き込んでみてもほとんど返事はありません。
内容を見ても、今すぐに会いたい、とか、割り切ったお付き合いなどの、あからさまに援助交際を匂わせるようなそういった書き込みばかりでした。
ですのでここはちょっと離れることにしました。

次に向かったのは「B」というところ。
ここも、登録しないと書き込みができないので登録をしてみてから、少し巡回してみることにしてみました。
さすがに、アダルトSNSのこととあって、女性からの刺激的な書き込みもたくさんあります。
男性が掲示板に書き込んでも、返事が結構な割合で返ってきます。
返事が返ってきたら早速内容を見てみますが、残念だったのは、その返事がほとんどサポート付きか援助交際ぽいものかの返信だったことです。
なんだか、ちょっと覚めてしまいました。
さらに残念だったのは、登録しただけだったのにその後迷惑メールがたくさんやってきたことです。
今回登録するにあたって、メールアドレスはいわゆる「捨てアド」と呼ばれるものを利用しました。
こういった未知のアダルトSNSに登録するときには、いつもこのように捨てアドを利用します。
とても普段使っているアドレスを登録するのはリスクが高いかもしれません。
ここはさすが使えないかなあ、という感じでした。

最後はやはり、思いっきり大人のお付き合いをうたっている「C」というアダルトSNSにしました。
同じように、捨てアドを起用して登録します。
さて肝心の掲示板ですが、さすがに女性のコメントもそういったセフレに関するものが非常に多いです。
中には、あからさまにこれは嘘だろう、と思えるような内容もありましたか、比較的本当っぽいのも入っていて、なかなか見るほうも楽しませてくれます。
セフレ探し、と言っても当然そればかりではなくて、普通のお悩み相談のような投稿もあったり、また援助交際系の投稿もあったりします。
ここではっと思ったのですが、男性はこういったジャンルの掲示板の方をよくみるもの。
当然アクセスも多くなります。
もしかしたら、勘のいい女性は、それを見越して、いろんな内容の書き込みをこちら側にしているのではないか、とちょっとおもいました。
それがほんとうだったら結構したたかですね。

少し冷やかし半分でアダルトSNSを眺めていると、地域も絶妙で、内容もちょっと気になる投稿があったので実際に返信をしてみました。
しばらくすると、彼女から返信があります。
内容を見てみると、最近彼氏と別れて寂しい思いをしている、なので、せめて体だけでも慰めてくれませんか?といった、何か出来過ぎのような内容が返ってきました。
「うーんなんだかなあ」と思ってしまいました。
実際に、こんなことを書く女性をいるんでしょうか?
それも、会ったことがない見ず知らずの男性、顔も知らない男性に。
そんなことを考えているうちに、時間は経ってしまって結局その女性とのやりとりはそれ以降発展しませんでした。
ちょっと失敗したかな、なんて思ったりして、やっぱタイミングは大事ですね。
やはり、アダルトSNSを使ってのセフレ探しというのはもしかしたら難しいのかもしれません。
でも、今回はさらっとして時間しか見ていないので、実態を完全に把握するまでには至りませんでしたが、このアダルトSNSは一部ではだいぶ盛り上がってきてるようですので、今後が期待できそうです。
なんといっても、出会い系の発展型として展開されていて、SNSという名前から来る抵抗感の無さから女性も登録しやすいようで、どんどん利用者は増えているようですよ。

68歳の男子高齢熟女のセフレがほしい

インターネットを利用したアダルトSNSが目立つようになってきました。
アダルトSNSの書き込みを見ていると、案外割り切った付き合いであったり、セックスフレンドの募集らしきものが多数見られます。
アダルトSNSという場所だから、そのような書き込みが多いのかと思ったらそうでもないようですね。
以前ある雑誌にて20代~30代の女性を対象にとったアンケートの結果、8割以上の女性が「日常的にセックスをするパートナーがいる」と回答したそうです。
当然、その年代の女性ですから、結婚している女性もたくさんいるでしょうし、社会に出てきちんとしたパートナーとお付き合いをしている女性も多いと思います。
この「日常的」という意味ですが、少なくとも月に1回以上、という定義だそうです。
そう考えると、1ヶ月に1回以上のセックスをしている女性の割合が8割というのは、その結果だけなら、そんなに驚くべき数字ではないと思うのですが、問題はここからです。
その相手をさらに踏み込んでアンケートしたところ、彼氏・夫と答えた女性は、これも約8割。
残りの2割は「それ以外」と答えているそうです。
その2割の「それ以外」こそ、セックスフレンドの存在に他ならないのではないでしょうか。
このとき、セックスフレンド=純粋にセックスだけの関係、と、セックスフレンド=セックスもすることがある友達としてみると、実はもっと「それ以外」が多くなってくるのではないかと思います。
こういった周りの状況の刺激などが、アダルトSNSでの書き込みにつながっていると考えてもおかしなことではありません。

このセックスフレンド、言葉こそこの数十年で浸透したと思われますが、存在というか実態自体は、すごく昔からあったのではないかと思います。
当然、性にオープンになってきた今でこそこういった言葉がありますが、もともと日本ではあまり大きな声で言える類いの物ではないのでしょうね。
今現在もそういった意識が根強くあるはずですので、統計はあまり当てにならないかもしれません。
そういった付き合いがあっても、言わない、答えない、といったことがあるのではないかと思っています。
明治時代や、大正時代に、同じような統計を取っていたら、どのような結果が出ていたのでしょうか。
少し気になりますね。
セックスフレンドの定義ですが、これとこれを満たしていたらセックスフレンド、のようなものがあるわけではないので、幅広い意味になってしまいますが、基本的には、男女合意の上での関係、と言えるでしょう。
ただし、男性と女性の意識というのは双方異なったものがあるのは当然で、双方合意とはいえ、女性は気持ちが入っているのに対して男性はないとか、その逆とか、微妙な関係の上に成り立っているのも事実です。
こういった性質上、セックスフレンドが長く続くことはあまりなく、どちらからともなく関係が崩れてしまったり、どちらかの感情が踏み込みすぎてしまったり、あるいは圧力などによって終わってしまうことがほとんどのようです。

体の相性、というのは誰が言い始めたことかはもちろんわかりませんが、よく言われる言葉でもあります。
結婚した相手や、今付き合っている相手が、必ずしも体の相性が最高な訳ではなく、そういった不満をお互いが解消できないと、このセフレを作るきっかけになったり、あるいは不仲のきっかけになったりすることも事実です。
逆に、体の相性がすごく良かったから=セフレになるわけではありません。
こういった関係になったからといって、そこから実際に付き合ったり、結婚には発展しなかったりすることがほとんどなのも、この関係の面白いところです。
このように、男女の関係は微妙なのですね。
でも、以外とこのセックスフレンドの関係を持っているという人たちに聞いてみると、「ラク」という言葉が返ってくることが多いのです。
「付き合う必要がない」「プライベートに干渉しないから」「将来のことに関して問われないから」というのが主な理由なのですが、意外と現在の関係に満足していることが多いようです。
考えようによっては、お互いの意識が同じであれば、一番「都合のよい関係」を築けるのでしょう。
少し寂しい時、刺激がほしい時、遊びたい時、本気の人には言えない相談。
そういった場合には、このセックスフレンドくらいの関係で、多少ライトに付き合っていることがとても心地よいと考えるのは、おかしなことではないのかもしれません。

アダルトSNSや出会い系によってこういった出会いのきっかけを持つことは難しくなくなってきました。
当人達の合意があって、他人に迷惑をかけていない状態、社会的・モラル違反もしていない状態であれば、これはこれで成り立つものなのでしょう。
このセフレという関係が、認知されることは今後も考えにくいのですが、その割合自体は増えていくのかもしれませんね。

セフレ探しの定番となるか?アダルトSNSの持つ潜在能力を覗いてみた

インターネット上で、「セフレ」と検索してみると、最近目立つのはアダルトSNS。
そのほとんどは、出会い系の発展として展開されており、場所によっては「あなたの地域ですぐに見つかる」や「でも簡単に見つかる」などといったキャッチフレーズで勧誘をしています。
実際に、セフレというのはそんなに簡単に見つかるものなのでしょうか。
興味本位で、そういったアダルトSNSをちょっと覗いてみました。

セフレ探しで、一番重要な部分はやはりどの地域かということだと思います。
離れすぎていても、会う機会がなくてなかなかそういった関係に発展しづらいでしょうし、近すぎたとしても、どこか気まずい部分や、周りにバレてしまうといったリスクがつきまといます。
ですので、どこのアダルトSNSでも地域選びというのは案外力を入れているような気がします。
数々の出会い系でも、真剣なお付き合いを求める人たちに対して訴求しているところもあれば、アダルトオンリーに振っているところ、そしてセフレ選びに特化したところもあったりして、どこが良いのか選ぶのはなかなか難しそうです。
今回は、そんなアダルトSNSをちょっと廻ってみることにしました。

最初に向かったのは「A」というアダルトSNS。
ここは特に、セフレ募集をうたっているわけではありませんし、もちろんいろんなジャンルの友達紹介のページもあります。
行って見ればごく一般的な出会い系のSNS。
ちょっと期待薄かなと思いながら、ものは試しと思い、覗いてみることにしました。
結果から言ってしまうと、やっぱり期待したものはほとんどありませんでした。
掲示板自体にはそこそこ女性からの書き込みがありましたが、掲示板に男性が書き込んでみてもほとんど返事はありません。
内容を見ても、今すぐに会いたい、とか、割り切ったお付き合いなどの、あからさまに援助交際を匂わせるようなそういった書き込みばかりでした。
ですのでここはちょっと離れることにしました。

次に向かったのは「B」というところ。
ここも、登録しないと書き込みができないので登録をしてみてから、少し巡回してみることにしてみました。
さすがに、アダルトSNSのこととあって、女性からの刺激的な書き込みもたくさんあります。
男性が掲示板に書き込んでも、返事が結構な割合で返ってきます。
返事が返ってきたら早速内容を見てみますが、残念だったのは、その返事がほとんどサポート付きか援助交際ぽいものかの返信だったことです。
なんだか、ちょっと覚めてしまいました。
さらに残念だったのは、登録しただけだったのにその後迷惑メールがたくさんやってきたことです。
今回登録するにあたって、メールアドレスはいわゆる「捨てアド」と呼ばれるものを利用しました。
こういった未知のアダルトSNSに登録するときには、いつもこのように捨てアドを利用します。
とても普段使っているアドレスを登録するのはリスクが高いかもしれません。
ここはさすが使えないかなあ、という感じでした。

最後はやはり、思いっきり大人のお付き合いをうたっている「C」というアダルトSNSにしました。
同じように、捨てアドを起用して登録します。
さて肝心の掲示板ですが、さすがに女性のコメントもそういったセフレに関するものが非常に多いです。
中には、あからさまにこれは嘘だろう、と思えるような内容もありましたか、比較的本当っぽいのも入っていて、なかなか見るほうも楽しませてくれます。
セフレ探し、と言っても当然そればかりではなくて、普通のお悩み相談のような投稿もあったり、また援助交際系の投稿もあったりします。
ここではっと思ったのですが、男性はこういったジャンルの掲示板の方をよくみるもの。
当然アクセスも多くなります。
もしかしたら、勘のいい女性は、それを見越して、いろんな内容の書き込みをこちら側にしているのではないか、とちょっとおもいました。
それがほんとうだったら結構したたかですね。

少し冷やかし半分でアダルトSNSを眺めていると、地域も絶妙で、内容もちょっと気になる投稿があったので実際に返信をしてみました。
しばらくすると、彼女から返信があります。
内容を見てみると、最近彼氏と別れて寂しい思いをしている、なので、せめて体だけでも慰めてくれませんか?といった、何か出来過ぎのような内容が返ってきました。
「うーんなんだかなあ」と思ってしまいました。
実際に、こんなことを書く女性をいるんでしょうか?
それも、会ったことがない見ず知らずの男性、顔も知らない男性に。
そんなことを考えているうちに、時間は経ってしまって結局その女性とのやりとりはそれ以降発展しませんでした。
ちょっと失敗したかな、なんて思ったりして、やっぱタイミングは大事ですね。
やはり、アダルトSNSを使ってのセフレ探しというのはもしかしたら難しいのかもしれません。
でも、今回はさらっとして時間しか見ていないので、実態を完全に把握するまでには至りませんでしたが、このアダルトSNSは一部ではだいぶ盛り上がってきてるようですので、今後が期待できそうです。
なんといっても、出会い系の発展型として展開されていて、SNSという名前から来る抵抗感の無さから女性も登録しやすいようで、どんどん利用者は増えているようですよ。

黒石 セフレ

インターネットを利用したアダルトSNSが目立つようになってきました。
アダルトSNSの書き込みを見ていると、案外割り切った付き合いであったり、セックスフレンドの募集らしきものが多数見られます。
アダルトSNSという場所だから、そのような書き込みが多いのかと思ったらそうでもないようですね。
以前ある雑誌にて20代~30代の女性を対象にとったアンケートの結果、8割以上の女性が「日常的にセックスをするパートナーがいる」と回答したそうです。
当然、その年代の女性ですから、結婚している女性もたくさんいるでしょうし、社会に出てきちんとしたパートナーとお付き合いをしている女性も多いと思います。
この「日常的」という意味ですが、少なくとも月に1回以上、という定義だそうです。
そう考えると、1ヶ月に1回以上のセックスをしている女性の割合が8割というのは、その結果だけなら、そんなに驚くべき数字ではないと思うのですが、問題はここからです。
その相手をさらに踏み込んでアンケートしたところ、彼氏・夫と答えた女性は、これも約8割。
残りの2割は「それ以外」と答えているそうです。
その2割の「それ以外」こそ、セックスフレンドの存在に他ならないのではないでしょうか。
このとき、セックスフレンド=純粋にセックスだけの関係、と、セックスフレンド=セックスもすることがある友達としてみると、実はもっと「それ以外」が多くなってくるのではないかと思います。
こういった周りの状況の刺激などが、アダルトSNSでの書き込みにつながっていると考えてもおかしなことではありません。

このセックスフレンド、言葉こそこの数十年で浸透したと思われますが、存在というか実態自体は、すごく昔からあったのではないかと思います。
当然、性にオープンになってきた今でこそこういった言葉がありますが、もともと日本ではあまり大きな声で言える類いの物ではないのでしょうね。
今現在もそういった意識が根強くあるはずですので、統計はあまり当てにならないかもしれません。
そういった付き合いがあっても、言わない、答えない、といったことがあるのではないかと思っています。
明治時代や、大正時代に、同じような統計を取っていたら、どのような結果が出ていたのでしょうか。
少し気になりますね。
セックスフレンドの定義ですが、これとこれを満たしていたらセックスフレンド、のようなものがあるわけではないので、幅広い意味になってしまいますが、基本的には、男女合意の上での関係、と言えるでしょう。
ただし、男性と女性の意識というのは双方異なったものがあるのは当然で、双方合意とはいえ、女性は気持ちが入っているのに対して男性はないとか、その逆とか、微妙な関係の上に成り立っているのも事実です。
こういった性質上、セックスフレンドが長く続くことはあまりなく、どちらからともなく関係が崩れてしまったり、どちらかの感情が踏み込みすぎてしまったり、あるいは圧力などによって終わってしまうことがほとんどのようです。

体の相性、というのは誰が言い始めたことかはもちろんわかりませんが、よく言われる言葉でもあります。
結婚した相手や、今付き合っている相手が、必ずしも体の相性が最高な訳ではなく、そういった不満をお互いが解消できないと、このセフレを作るきっかけになったり、あるいは不仲のきっかけになったりすることも事実です。
逆に、体の相性がすごく良かったから=セフレになるわけではありません。
こういった関係になったからといって、そこから実際に付き合ったり、結婚には発展しなかったりすることがほとんどなのも、この関係の面白いところです。
このように、男女の関係は微妙なのですね。
でも、以外とこのセックスフレンドの関係を持っているという人たちに聞いてみると、「ラク」という言葉が返ってくることが多いのです。
「付き合う必要がない」「プライベートに干渉しないから」「将来のことに関して問われないから」というのが主な理由なのですが、意外と現在の関係に満足していることが多いようです。
考えようによっては、お互いの意識が同じであれば、一番「都合のよい関係」を築けるのでしょう。
少し寂しい時、刺激がほしい時、遊びたい時、本気の人には言えない相談。
そういった場合には、このセックスフレンドくらいの関係で、多少ライトに付き合っていることがとても心地よいと考えるのは、おかしなことではないのかもしれません。

アダルトSNSや出会い系によってこういった出会いのきっかけを持つことは難しくなくなってきました。
当人達の合意があって、他人に迷惑をかけていない状態、社会的・モラル違反もしていない状態であれば、これはこれで成り立つものなのでしょう。
このセフレという関係が、認知されることは今後も考えにくいのですが、その割合自体は増えていくのかもしれませんね。

セフレ探しの定番となるか?アダルトSNSの持つ潜在能力を覗いてみた

インターネット上で、「セフレ」と検索してみると、最近目立つのはアダルトSNS。
そのほとんどは、出会い系の発展として展開されており、場所によっては「あなたの地域ですぐに見つかる」や「でも簡単に見つかる」などといったキャッチフレーズで勧誘をしています。
実際に、セフレというのはそんなに簡単に見つかるものなのでしょうか。
興味本位で、そういったアダルトSNSをちょっと覗いてみました。

セフレ探しで、一番重要な部分はやはりどの地域かということだと思います。
離れすぎていても、会う機会がなくてなかなかそういった関係に発展しづらいでしょうし、近すぎたとしても、どこか気まずい部分や、周りにバレてしまうといったリスクがつきまといます。
ですので、どこのアダルトSNSでも地域選びというのは案外力を入れているような気がします。
数々の出会い系でも、真剣なお付き合いを求める人たちに対して訴求しているところもあれば、アダルトオンリーに振っているところ、そしてセフレ選びに特化したところもあったりして、どこが良いのか選ぶのはなかなか難しそうです。
今回は、そんなアダルトSNSをちょっと廻ってみることにしました。

最初に向かったのは「A」というアダルトSNS。
ここは特に、セフレ募集をうたっているわけではありませんし、もちろんいろんなジャンルの友達紹介のページもあります。
行って見ればごく一般的な出会い系のSNS。
ちょっと期待薄かなと思いながら、ものは試しと思い、覗いてみることにしました。
結果から言ってしまうと、やっぱり期待したものはほとんどありませんでした。
掲示板自体にはそこそこ女性からの書き込みがありましたが、掲示板に男性が書き込んでみてもほとんど返事はありません。
内容を見ても、今すぐに会いたい、とか、割り切ったお付き合いなどの、あからさまに援助交際を匂わせるようなそういった書き込みばかりでした。
ですのでここはちょっと離れることにしました。

次に向かったのは「B」というところ。
ここも、登録しないと書き込みができないので登録をしてみてから、少し巡回してみることにしてみました。
さすがに、アダルトSNSのこととあって、女性からの刺激的な書き込みもたくさんあります。
男性が掲示板に書き込んでも、返事が結構な割合で返ってきます。
返事が返ってきたら早速内容を見てみますが、残念だったのは、その返事がほとんどサポート付きか援助交際ぽいものかの返信だったことです。
なんだか、ちょっと覚めてしまいました。
さらに残念だったのは、登録しただけだったのにその後迷惑メールがたくさんやってきたことです。
今回登録するにあたって、メールアドレスはいわゆる「捨てアド」と呼ばれるものを利用しました。
こういった未知のアダルトSNSに登録するときには、いつもこのように捨てアドを利用します。
とても普段使っているアドレスを登録するのはリスクが高いかもしれません。
ここはさすが使えないかなあ、という感じでした。

最後はやはり、思いっきり大人のお付き合いをうたっている「C」というアダルトSNSにしました。
同じように、捨てアドを起用して登録します。
さて肝心の掲示板ですが、さすがに女性のコメントもそういったセフレに関するものが非常に多いです。
中には、あからさまにこれは嘘だろう、と思えるような内容もありましたか、比較的本当っぽいのも入っていて、なかなか見るほうも楽しませてくれます。
セフレ探し、と言っても当然そればかりではなくて、普通のお悩み相談のような投稿もあったり、また援助交際系の投稿もあったりします。
ここではっと思ったのですが、男性はこういったジャンルの掲示板の方をよくみるもの。
当然アクセスも多くなります。
もしかしたら、勘のいい女性は、それを見越して、いろんな内容の書き込みをこちら側にしているのではないか、とちょっとおもいました。
それがほんとうだったら結構したたかですね。

少し冷やかし半分でアダルトSNSを眺めていると、地域も絶妙で、内容もちょっと気になる投稿があったので実際に返信をしてみました。
しばらくすると、彼女から返信があります。
内容を見てみると、最近彼氏と別れて寂しい思いをしている、なので、せめて体だけでも慰めてくれませんか?といった、何か出来過ぎのような内容が返ってきました。
「うーんなんだかなあ」と思ってしまいました。
実際に、こんなことを書く女性をいるんでしょうか?
それも、会ったことがない見ず知らずの男性、顔も知らない男性に。
そんなことを考えているうちに、時間は経ってしまって結局その女性とのやりとりはそれ以降発展しませんでした。
ちょっと失敗したかな、なんて思ったりして、やっぱタイミングは大事ですね。
やはり、アダルトSNSを使ってのセフレ探しというのはもしかしたら難しいのかもしれません。
でも、今回はさらっとして時間しか見ていないので、実態を完全に把握するまでには至りませんでしたが、このアダルトSNSは一部ではだいぶ盛り上がってきてるようですので、今後が期待できそうです。
なんといっても、出会い系の発展型として展開されていて、SNSという名前から来る抵抗感の無さから女性も登録しやすいようで、どんどん利用者は増えているようですよ。

黒人女性 セフレ

インターネットを利用したアダルトSNSが目立つようになってきました。
アダルトSNSの書き込みを見ていると、案外割り切った付き合いであったり、セックスフレンドの募集らしきものが多数見られます。
アダルトSNSという場所だから、そのような書き込みが多いのかと思ったらそうでもないようですね。
以前ある雑誌にて20代~30代の女性を対象にとったアンケートの結果、8割以上の女性が「日常的にセックスをするパートナーがいる」と回答したそうです。
当然、その年代の女性ですから、結婚している女性もたくさんいるでしょうし、社会に出てきちんとしたパートナーとお付き合いをしている女性も多いと思います。
この「日常的」という意味ですが、少なくとも月に1回以上、という定義だそうです。
そう考えると、1ヶ月に1回以上のセックスをしている女性の割合が8割というのは、その結果だけなら、そんなに驚くべき数字ではないと思うのですが、問題はここからです。
その相手をさらに踏み込んでアンケートしたところ、彼氏・夫と答えた女性は、これも約8割。
残りの2割は「それ以外」と答えているそうです。
その2割の「それ以外」こそ、セックスフレンドの存在に他ならないのではないでしょうか。
このとき、セックスフレンド=純粋にセックスだけの関係、と、セックスフレンド=セックスもすることがある友達としてみると、実はもっと「それ以外」が多くなってくるのではないかと思います。
こういった周りの状況の刺激などが、アダルトSNSでの書き込みにつながっていると考えてもおかしなことではありません。

このセックスフレンド、言葉こそこの数十年で浸透したと思われますが、存在というか実態自体は、すごく昔からあったのではないかと思います。
当然、性にオープンになってきた今でこそこういった言葉がありますが、もともと日本ではあまり大きな声で言える類いの物ではないのでしょうね。
今現在もそういった意識が根強くあるはずですので、統計はあまり当てにならないかもしれません。
そういった付き合いがあっても、言わない、答えない、といったことがあるのではないかと思っています。
明治時代や、大正時代に、同じような統計を取っていたら、どのような結果が出ていたのでしょうか。
少し気になりますね。
セックスフレンドの定義ですが、これとこれを満たしていたらセックスフレンド、のようなものがあるわけではないので、幅広い意味になってしまいますが、基本的には、男女合意の上での関係、と言えるでしょう。
ただし、男性と女性の意識というのは双方異なったものがあるのは当然で、双方合意とはいえ、女性は気持ちが入っているのに対して男性はないとか、その逆とか、微妙な関係の上に成り立っているのも事実です。
こういった性質上、セックスフレンドが長く続くことはあまりなく、どちらからともなく関係が崩れてしまったり、どちらかの感情が踏み込みすぎてしまったり、あるいは圧力などによって終わってしまうことがほとんどのようです。

体の相性、というのは誰が言い始めたことかはもちろんわかりませんが、よく言われる言葉でもあります。
結婚した相手や、今付き合っている相手が、必ずしも体の相性が最高な訳ではなく、そういった不満をお互いが解消できないと、このセフレを作るきっかけになったり、あるいは不仲のきっかけになったりすることも事実です。
逆に、体の相性がすごく良かったから=セフレになるわけではありません。
こういった関係になったからといって、そこから実際に付き合ったり、結婚には発展しなかったりすることがほとんどなのも、この関係の面白いところです。
このように、男女の関係は微妙なのですね。
でも、以外とこのセックスフレンドの関係を持っているという人たちに聞いてみると、「ラク」という言葉が返ってくることが多いのです。
「付き合う必要がない」「プライベートに干渉しないから」「将来のことに関して問われないから」というのが主な理由なのですが、意外と現在の関係に満足していることが多いようです。
考えようによっては、お互いの意識が同じであれば、一番「都合のよい関係」を築けるのでしょう。
少し寂しい時、刺激がほしい時、遊びたい時、本気の人には言えない相談。
そういった場合には、このセックスフレンドくらいの関係で、多少ライトに付き合っていることがとても心地よいと考えるのは、おかしなことではないのかもしれません。

アダルトSNSや出会い系によってこういった出会いのきっかけを持つことは難しくなくなってきました。
当人達の合意があって、他人に迷惑をかけていない状態、社会的・モラル違反もしていない状態であれば、これはこれで成り立つものなのでしょう。
このセフレという関係が、認知されることは今後も考えにくいのですが、その割合自体は増えていくのかもしれませんね。

セフレ探しの定番となるか?アダルトSNSの持つ潜在能力を覗いてみた

インターネット上で、「セフレ」と検索してみると、最近目立つのはアダルトSNS。
そのほとんどは、出会い系の発展として展開されており、場所によっては「あなたの地域ですぐに見つかる」や「でも簡単に見つかる」などといったキャッチフレーズで勧誘をしています。
実際に、セフレというのはそんなに簡単に見つかるものなのでしょうか。
興味本位で、そういったアダルトSNSをちょっと覗いてみました。

セフレ探しで、一番重要な部分はやはりどの地域かということだと思います。
離れすぎていても、会う機会がなくてなかなかそういった関係に発展しづらいでしょうし、近すぎたとしても、どこか気まずい部分や、周りにバレてしまうといったリスクがつきまといます。
ですので、どこのアダルトSNSでも地域選びというのは案外力を入れているような気がします。
数々の出会い系でも、真剣なお付き合いを求める人たちに対して訴求しているところもあれば、アダルトオンリーに振っているところ、そしてセフレ選びに特化したところもあったりして、どこが良いのか選ぶのはなかなか難しそうです。
今回は、そんなアダルトSNSをちょっと廻ってみることにしました。

最初に向かったのは「A」というアダルトSNS。
ここは特に、セフレ募集をうたっているわけではありませんし、もちろんいろんなジャンルの友達紹介のページもあります。
行って見ればごく一般的な出会い系のSNS。
ちょっと期待薄かなと思いながら、ものは試しと思い、覗いてみることにしました。
結果から言ってしまうと、やっぱり期待したものはほとんどありませんでした。
掲示板自体にはそこそこ女性からの書き込みがありましたが、掲示板に男性が書き込んでみてもほとんど返事はありません。
内容を見ても、今すぐに会いたい、とか、割り切ったお付き合いなどの、あからさまに援助交際を匂わせるようなそういった書き込みばかりでした。
ですのでここはちょっと離れることにしました。

次に向かったのは「B」というところ。
ここも、登録しないと書き込みができないので登録をしてみてから、少し巡回してみることにしてみました。
さすがに、アダルトSNSのこととあって、女性からの刺激的な書き込みもたくさんあります。
男性が掲示板に書き込んでも、返事が結構な割合で返ってきます。
返事が返ってきたら早速内容を見てみますが、残念だったのは、その返事がほとんどサポート付きか援助交際ぽいものかの返信だったことです。
なんだか、ちょっと覚めてしまいました。
さらに残念だったのは、登録しただけだったのにその後迷惑メールがたくさんやってきたことです。
今回登録するにあたって、メールアドレスはいわゆる「捨てアド」と呼ばれるものを利用しました。
こういった未知のアダルトSNSに登録するときには、いつもこのように捨てアドを利用します。
とても普段使っているアドレスを登録するのはリスクが高いかもしれません。
ここはさすが使えないかなあ、という感じでした。

最後はやはり、思いっきり大人のお付き合いをうたっている「C」というアダルトSNSにしました。
同じように、捨てアドを起用して登録します。
さて肝心の掲示板ですが、さすがに女性のコメントもそういったセフレに関するものが非常に多いです。
中には、あからさまにこれは嘘だろう、と思えるような内容もありましたか、比較的本当っぽいのも入っていて、なかなか見るほうも楽しませてくれます。
セフレ探し、と言っても当然そればかりではなくて、普通のお悩み相談のような投稿もあったり、また援助交際系の投稿もあったりします。
ここではっと思ったのですが、男性はこういったジャンルの掲示板の方をよくみるもの。
当然アクセスも多くなります。
もしかしたら、勘のいい女性は、それを見越して、いろんな内容の書き込みをこちら側にしているのではないか、とちょっとおもいました。
それがほんとうだったら結構したたかですね。

少し冷やかし半分でアダルトSNSを眺めていると、地域も絶妙で、内容もちょっと気になる投稿があったので実際に返信をしてみました。
しばらくすると、彼女から返信があります。
内容を見てみると、最近彼氏と別れて寂しい思いをしている、なので、せめて体だけでも慰めてくれませんか?といった、何か出来過ぎのような内容が返ってきました。
「うーんなんだかなあ」と思ってしまいました。
実際に、こんなことを書く女性をいるんでしょうか?
それも、会ったことがない見ず知らずの男性、顔も知らない男性に。
そんなことを考えているうちに、時間は経ってしまって結局その女性とのやりとりはそれ以降発展しませんでした。
ちょっと失敗したかな、なんて思ったりして、やっぱタイミングは大事ですね。
やはり、アダルトSNSを使ってのセフレ探しというのはもしかしたら難しいのかもしれません。
でも、今回はさらっとして時間しか見ていないので、実態を完全に把握するまでには至りませんでしたが、このアダルトSNSは一部ではだいぶ盛り上がってきてるようですので、今後が期待できそうです。
なんといっても、出会い系の発展型として展開されていて、SNSという名前から来る抵抗感の無さから女性も登録しやすいようで、どんどん利用者は増えているようですよ。

黒人セフレ募集

インターネットを利用したアダルトSNSが目立つようになってきました。
アダルトSNSの書き込みを見ていると、案外割り切った付き合いであったり、セックスフレンドの募集らしきものが多数見られます。
アダルトSNSという場所だから、そのような書き込みが多いのかと思ったらそうでもないようですね。
以前ある雑誌にて20代~30代の女性を対象にとったアンケートの結果、8割以上の女性が「日常的にセックスをするパートナーがいる」と回答したそうです。
当然、その年代の女性ですから、結婚している女性もたくさんいるでしょうし、社会に出てきちんとしたパートナーとお付き合いをしている女性も多いと思います。
この「日常的」という意味ですが、少なくとも月に1回以上、という定義だそうです。
そう考えると、1ヶ月に1回以上のセックスをしている女性の割合が8割というのは、その結果だけなら、そんなに驚くべき数字ではないと思うのですが、問題はここからです。
その相手をさらに踏み込んでアンケートしたところ、彼氏・夫と答えた女性は、これも約8割。
残りの2割は「それ以外」と答えているそうです。
その2割の「それ以外」こそ、セックスフレンドの存在に他ならないのではないでしょうか。
このとき、セックスフレンド=純粋にセックスだけの関係、と、セックスフレンド=セックスもすることがある友達としてみると、実はもっと「それ以外」が多くなってくるのではないかと思います。
こういった周りの状況の刺激などが、アダルトSNSでの書き込みにつながっていると考えてもおかしなことではありません。

このセックスフレンド、言葉こそこの数十年で浸透したと思われますが、存在というか実態自体は、すごく昔からあったのではないかと思います。
当然、性にオープンになってきた今でこそこういった言葉がありますが、もともと日本ではあまり大きな声で言える類いの物ではないのでしょうね。
今現在もそういった意識が根強くあるはずですので、統計はあまり当てにならないかもしれません。
そういった付き合いがあっても、言わない、答えない、といったことがあるのではないかと思っています。
明治時代や、大正時代に、同じような統計を取っていたら、どのような結果が出ていたのでしょうか。
少し気になりますね。
セックスフレンドの定義ですが、これとこれを満たしていたらセックスフレンド、のようなものがあるわけではないので、幅広い意味になってしまいますが、基本的には、男女合意の上での関係、と言えるでしょう。
ただし、男性と女性の意識というのは双方異なったものがあるのは当然で、双方合意とはいえ、女性は気持ちが入っているのに対して男性はないとか、その逆とか、微妙な関係の上に成り立っているのも事実です。
こういった性質上、セックスフレンドが長く続くことはあまりなく、どちらからともなく関係が崩れてしまったり、どちらかの感情が踏み込みすぎてしまったり、あるいは圧力などによって終わってしまうことがほとんどのようです。

体の相性、というのは誰が言い始めたことかはもちろんわかりませんが、よく言われる言葉でもあります。
結婚した相手や、今付き合っている相手が、必ずしも体の相性が最高な訳ではなく、そういった不満をお互いが解消できないと、このセフレを作るきっかけになったり、あるいは不仲のきっかけになったりすることも事実です。
逆に、体の相性がすごく良かったから=セフレになるわけではありません。
こういった関係になったからといって、そこから実際に付き合ったり、結婚には発展しなかったりすることがほとんどなのも、この関係の面白いところです。
このように、男女の関係は微妙なのですね。
でも、以外とこのセックスフレンドの関係を持っているという人たちに聞いてみると、「ラク」という言葉が返ってくることが多いのです。
「付き合う必要がない」「プライベートに干渉しないから」「将来のことに関して問われないから」というのが主な理由なのですが、意外と現在の関係に満足していることが多いようです。
考えようによっては、お互いの意識が同じであれば、一番「都合のよい関係」を築けるのでしょう。
少し寂しい時、刺激がほしい時、遊びたい時、本気の人には言えない相談。
そういった場合には、このセックスフレンドくらいの関係で、多少ライトに付き合っていることがとても心地よいと考えるのは、おかしなことではないのかもしれません。

アダルトSNSや出会い系によってこういった出会いのきっかけを持つことは難しくなくなってきました。
当人達の合意があって、他人に迷惑をかけていない状態、社会的・モラル違反もしていない状態であれば、これはこれで成り立つものなのでしょう。
このセフレという関係が、認知されることは今後も考えにくいのですが、その割合自体は増えていくのかもしれませんね。

セフレ探しの定番となるか?アダルトSNSの持つ潜在能力を覗いてみた

インターネット上で、「セフレ」と検索してみると、最近目立つのはアダルトSNS。
そのほとんどは、出会い系の発展として展開されており、場所によっては「あなたの地域ですぐに見つかる」や「でも簡単に見つかる」などといったキャッチフレーズで勧誘をしています。
実際に、セフレというのはそんなに簡単に見つかるものなのでしょうか。
興味本位で、そういったアダルトSNSをちょっと覗いてみました。

セフレ探しで、一番重要な部分はやはりどの地域かということだと思います。
離れすぎていても、会う機会がなくてなかなかそういった関係に発展しづらいでしょうし、近すぎたとしても、どこか気まずい部分や、周りにバレてしまうといったリスクがつきまといます。
ですので、どこのアダルトSNSでも地域選びというのは案外力を入れているような気がします。
数々の出会い系でも、真剣なお付き合いを求める人たちに対して訴求しているところもあれば、アダルトオンリーに振っているところ、そしてセフレ選びに特化したところもあったりして、どこが良いのか選ぶのはなかなか難しそうです。
今回は、そんなアダルトSNSをちょっと廻ってみることにしました。

最初に向かったのは「A」というアダルトSNS。
ここは特に、セフレ募集をうたっているわけではありませんし、もちろんいろんなジャンルの友達紹介のページもあります。
行って見ればごく一般的な出会い系のSNS。
ちょっと期待薄かなと思いながら、ものは試しと思い、覗いてみることにしました。
結果から言ってしまうと、やっぱり期待したものはほとんどありませんでした。
掲示板自体にはそこそこ女性からの書き込みがありましたが、掲示板に男性が書き込んでみてもほとんど返事はありません。
内容を見ても、今すぐに会いたい、とか、割り切ったお付き合いなどの、あからさまに援助交際を匂わせるようなそういった書き込みばかりでした。
ですのでここはちょっと離れることにしました。

次に向かったのは「B」というところ。
ここも、登録しないと書き込みができないので登録をしてみてから、少し巡回してみることにしてみました。
さすがに、アダルトSNSのこととあって、女性からの刺激的な書き込みもたくさんあります。
男性が掲示板に書き込んでも、返事が結構な割合で返ってきます。
返事が返ってきたら早速内容を見てみますが、残念だったのは、その返事がほとんどサポート付きか援助交際ぽいものかの返信だったことです。
なんだか、ちょっと覚めてしまいました。
さらに残念だったのは、登録しただけだったのにその後迷惑メールがたくさんやってきたことです。
今回登録するにあたって、メールアドレスはいわゆる「捨てアド」と呼ばれるものを利用しました。
こういった未知のアダルトSNSに登録するときには、いつもこのように捨てアドを利用します。
とても普段使っているアドレスを登録するのはリスクが高いかもしれません。
ここはさすが使えないかなあ、という感じでした。

最後はやはり、思いっきり大人のお付き合いをうたっている「C」というアダルトSNSにしました。
同じように、捨てアドを起用して登録します。
さて肝心の掲示板ですが、さすがに女性のコメントもそういったセフレに関するものが非常に多いです。
中には、あからさまにこれは嘘だろう、と思えるような内容もありましたか、比較的本当っぽいのも入っていて、なかなか見るほうも楽しませてくれます。
セフレ探し、と言っても当然そればかりではなくて、普通のお悩み相談のような投稿もあったり、また援助交際系の投稿もあったりします。
ここではっと思ったのですが、男性はこういったジャンルの掲示板の方をよくみるもの。
当然アクセスも多くなります。
もしかしたら、勘のいい女性は、それを見越して、いろんな内容の書き込みをこちら側にしているのではないか、とちょっとおもいました。
それがほんとうだったら結構したたかですね。

少し冷やかし半分でアダルトSNSを眺めていると、地域も絶妙で、内容もちょっと気になる投稿があったので実際に返信をしてみました。
しばらくすると、彼女から返信があります。
内容を見てみると、最近彼氏と別れて寂しい思いをしている、なので、せめて体だけでも慰めてくれませんか?といった、何か出来過ぎのような内容が返ってきました。
「うーんなんだかなあ」と思ってしまいました。
実際に、こんなことを書く女性をいるんでしょうか?
それも、会ったことがない見ず知らずの男性、顔も知らない男性に。
そんなことを考えているうちに、時間は経ってしまって結局その女性とのやりとりはそれ以降発展しませんでした。
ちょっと失敗したかな、なんて思ったりして、やっぱタイミングは大事ですね。
やはり、アダルトSNSを使ってのセフレ探しというのはもしかしたら難しいのかもしれません。
でも、今回はさらっとして時間しか見ていないので、実態を完全に把握するまでには至りませんでしたが、このアダルトSNSは一部ではだいぶ盛り上がってきてるようですので、今後が期待できそうです。
なんといっても、出会い系の発展型として展開されていて、SNSという名前から来る抵抗感の無さから女性も登録しやすいようで、どんどん利用者は増えているようですよ。

鶴ヶ島 セフレ

インターネットを利用したアダルトSNSが目立つようになってきました。
アダルトSNSの書き込みを見ていると、案外割り切った付き合いであったり、セックスフレンドの募集らしきものが多数見られます。
アダルトSNSという場所だから、そのような書き込みが多いのかと思ったらそうでもないようですね。
以前ある雑誌にて20代~30代の女性を対象にとったアンケートの結果、8割以上の女性が「日常的にセックスをするパートナーがいる」と回答したそうです。
当然、その年代の女性ですから、結婚している女性もたくさんいるでしょうし、社会に出てきちんとしたパートナーとお付き合いをしている女性も多いと思います。
この「日常的」という意味ですが、少なくとも月に1回以上、という定義だそうです。
そう考えると、1ヶ月に1回以上のセックスをしている女性の割合が8割というのは、その結果だけなら、そんなに驚くべき数字ではないと思うのですが、問題はここからです。
その相手をさらに踏み込んでアンケートしたところ、彼氏・夫と答えた女性は、これも約8割。
残りの2割は「それ以外」と答えているそうです。
その2割の「それ以外」こそ、セックスフレンドの存在に他ならないのではないでしょうか。
このとき、セックスフレンド=純粋にセックスだけの関係、と、セックスフレンド=セックスもすることがある友達としてみると、実はもっと「それ以外」が多くなってくるのではないかと思います。
こういった周りの状況の刺激などが、アダルトSNSでの書き込みにつながっていると考えてもおかしなことではありません。

このセックスフレンド、言葉こそこの数十年で浸透したと思われますが、存在というか実態自体は、すごく昔からあったのではないかと思います。
当然、性にオープンになってきた今でこそこういった言葉がありますが、もともと日本ではあまり大きな声で言える類いの物ではないのでしょうね。
今現在もそういった意識が根強くあるはずですので、統計はあまり当てにならないかもしれません。
そういった付き合いがあっても、言わない、答えない、といったことがあるのではないかと思っています。
明治時代や、大正時代に、同じような統計を取っていたら、どのような結果が出ていたのでしょうか。
少し気になりますね。
セックスフレンドの定義ですが、これとこれを満たしていたらセックスフレンド、のようなものがあるわけではないので、幅広い意味になってしまいますが、基本的には、男女合意の上での関係、と言えるでしょう。
ただし、男性と女性の意識というのは双方異なったものがあるのは当然で、双方合意とはいえ、女性は気持ちが入っているのに対して男性はないとか、その逆とか、微妙な関係の上に成り立っているのも事実です。
こういった性質上、セックスフレンドが長く続くことはあまりなく、どちらからともなく関係が崩れてしまったり、どちらかの感情が踏み込みすぎてしまったり、あるいは圧力などによって終わってしまうことがほとんどのようです。

体の相性、というのは誰が言い始めたことかはもちろんわかりませんが、よく言われる言葉でもあります。
結婚した相手や、今付き合っている相手が、必ずしも体の相性が最高な訳ではなく、そういった不満をお互いが解消できないと、このセフレを作るきっかけになったり、あるいは不仲のきっかけになったりすることも事実です。
逆に、体の相性がすごく良かったから=セフレになるわけではありません。
こういった関係になったからといって、そこから実際に付き合ったり、結婚には発展しなかったりすることがほとんどなのも、この関係の面白いところです。
このように、男女の関係は微妙なのですね。
でも、以外とこのセックスフレンドの関係を持っているという人たちに聞いてみると、「ラク」という言葉が返ってくることが多いのです。
「付き合う必要がない」「プライベートに干渉しないから」「将来のことに関して問われないから」というのが主な理由なのですが、意外と現在の関係に満足していることが多いようです。
考えようによっては、お互いの意識が同じであれば、一番「都合のよい関係」を築けるのでしょう。
少し寂しい時、刺激がほしい時、遊びたい時、本気の人には言えない相談。
そういった場合には、このセックスフレンドくらいの関係で、多少ライトに付き合っていることがとても心地よいと考えるのは、おかしなことではないのかもしれません。

アダルトSNSや出会い系によってこういった出会いのきっかけを持つことは難しくなくなってきました。
当人達の合意があって、他人に迷惑をかけていない状態、社会的・モラル違反もしていない状態であれば、これはこれで成り立つものなのでしょう。
このセフレという関係が、認知されることは今後も考えにくいのですが、その割合自体は増えていくのかもしれませんね。

セフレ探しの定番となるか?アダルトSNSの持つ潜在能力を覗いてみた

インターネット上で、「セフレ」と検索してみると、最近目立つのはアダルトSNS。
そのほとんどは、出会い系の発展として展開されており、場所によっては「あなたの地域ですぐに見つかる」や「でも簡単に見つかる」などといったキャッチフレーズで勧誘をしています。
実際に、セフレというのはそんなに簡単に見つかるものなのでしょうか。
興味本位で、そういったアダルトSNSをちょっと覗いてみました。

セフレ探しで、一番重要な部分はやはりどの地域かということだと思います。
離れすぎていても、会う機会がなくてなかなかそういった関係に発展しづらいでしょうし、近すぎたとしても、どこか気まずい部分や、周りにバレてしまうといったリスクがつきまといます。
ですので、どこのアダルトSNSでも地域選びというのは案外力を入れているような気がします。
数々の出会い系でも、真剣なお付き合いを求める人たちに対して訴求しているところもあれば、アダルトオンリーに振っているところ、そしてセフレ選びに特化したところもあったりして、どこが良いのか選ぶのはなかなか難しそうです。
今回は、そんなアダルトSNSをちょっと廻ってみることにしました。

最初に向かったのは「A」というアダルトSNS。
ここは特に、セフレ募集をうたっているわけではありませんし、もちろんいろんなジャンルの友達紹介のページもあります。
行って見ればごく一般的な出会い系のSNS。
ちょっと期待薄かなと思いながら、ものは試しと思い、覗いてみることにしました。
結果から言ってしまうと、やっぱり期待したものはほとんどありませんでした。
掲示板自体にはそこそこ女性からの書き込みがありましたが、掲示板に男性が書き込んでみてもほとんど返事はありません。
内容を見ても、今すぐに会いたい、とか、割り切ったお付き合いなどの、あからさまに援助交際を匂わせるようなそういった書き込みばかりでした。
ですのでここはちょっと離れることにしました。

次に向かったのは「B」というところ。
ここも、登録しないと書き込みができないので登録をしてみてから、少し巡回してみることにしてみました。
さすがに、アダルトSNSのこととあって、女性からの刺激的な書き込みもたくさんあります。
男性が掲示板に書き込んでも、返事が結構な割合で返ってきます。
返事が返ってきたら早速内容を見てみますが、残念だったのは、その返事がほとんどサポート付きか援助交際ぽいものかの返信だったことです。
なんだか、ちょっと覚めてしまいました。
さらに残念だったのは、登録しただけだったのにその後迷惑メールがたくさんやってきたことです。
今回登録するにあたって、メールアドレスはいわゆる「捨てアド」と呼ばれるものを利用しました。
こういった未知のアダルトSNSに登録するときには、いつもこのように捨てアドを利用します。
とても普段使っているアドレスを登録するのはリスクが高いかもしれません。
ここはさすが使えないかなあ、という感じでした。

最後はやはり、思いっきり大人のお付き合いをうたっている「C」というアダルトSNSにしました。
同じように、捨てアドを起用して登録します。
さて肝心の掲示板ですが、さすがに女性のコメントもそういったセフレに関するものが非常に多いです。
中には、あからさまにこれは嘘だろう、と思えるような内容もありましたか、比較的本当っぽいのも入っていて、なかなか見るほうも楽しませてくれます。
セフレ探し、と言っても当然そればかりではなくて、普通のお悩み相談のような投稿もあったり、また援助交際系の投稿もあったりします。
ここではっと思ったのですが、男性はこういったジャンルの掲示板の方をよくみるもの。
当然アクセスも多くなります。
もしかしたら、勘のいい女性は、それを見越して、いろんな内容の書き込みをこちら側にしているのではないか、とちょっとおもいました。
それがほんとうだったら結構したたかですね。

少し冷やかし半分でアダルトSNSを眺めていると、地域も絶妙で、内容もちょっと気になる投稿があったので実際に返信をしてみました。
しばらくすると、彼女から返信があります。
内容を見てみると、最近彼氏と別れて寂しい思いをしている、なので、せめて体だけでも慰めてくれませんか?といった、何か出来過ぎのような内容が返ってきました。
「うーんなんだかなあ」と思ってしまいました。
実際に、こんなことを書く女性をいるんでしょうか?
それも、会ったことがない見ず知らずの男性、顔も知らない男性に。
そんなことを考えているうちに、時間は経ってしまって結局その女性とのやりとりはそれ以降発展しませんでした。
ちょっと失敗したかな、なんて思ったりして、やっぱタイミングは大事ですね。
やはり、アダルトSNSを使ってのセフレ探しというのはもしかしたら難しいのかもしれません。
でも、今回はさらっとして時間しか見ていないので、実態を完全に把握するまでには至りませんでしたが、このアダルトSNSは一部ではだいぶ盛り上がってきてるようですので、今後が期待できそうです。
なんといっても、出会い系の発展型として展開されていて、SNSという名前から来る抵抗感の無さから女性も登録しやすいようで、どんどん利用者は増えているようですよ。

高齢者のセックスフレンドさがし

インターネットを利用したアダルトSNSが目立つようになってきました。
アダルトSNSの書き込みを見ていると、案外割り切った付き合いであったり、セックスフレンドの募集らしきものが多数見られます。
アダルトSNSという場所だから、そのような書き込みが多いのかと思ったらそうでもないようですね。
以前ある雑誌にて20代~30代の女性を対象にとったアンケートの結果、8割以上の女性が「日常的にセックスをするパートナーがいる」と回答したそうです。
当然、その年代の女性ですから、結婚している女性もたくさんいるでしょうし、社会に出てきちんとしたパートナーとお付き合いをしている女性も多いと思います。
この「日常的」という意味ですが、少なくとも月に1回以上、という定義だそうです。
そう考えると、1ヶ月に1回以上のセックスをしている女性の割合が8割というのは、その結果だけなら、そんなに驚くべき数字ではないと思うのですが、問題はここからです。
その相手をさらに踏み込んでアンケートしたところ、彼氏・夫と答えた女性は、これも約8割。
残りの2割は「それ以外」と答えているそうです。
その2割の「それ以外」こそ、セックスフレンドの存在に他ならないのではないでしょうか。
このとき、セックスフレンド=純粋にセックスだけの関係、と、セックスフレンド=セックスもすることがある友達としてみると、実はもっと「それ以外」が多くなってくるのではないかと思います。
こういった周りの状況の刺激などが、アダルトSNSでの書き込みにつながっていると考えてもおかしなことではありません。

このセックスフレンド、言葉こそこの数十年で浸透したと思われますが、存在というか実態自体は、すごく昔からあったのではないかと思います。
当然、性にオープンになってきた今でこそこういった言葉がありますが、もともと日本ではあまり大きな声で言える類いの物ではないのでしょうね。
今現在もそういった意識が根強くあるはずですので、統計はあまり当てにならないかもしれません。
そういった付き合いがあっても、言わない、答えない、といったことがあるのではないかと思っています。
明治時代や、大正時代に、同じような統計を取っていたら、どのような結果が出ていたのでしょうか。
少し気になりますね。
セックスフレンドの定義ですが、これとこれを満たしていたらセックスフレンド、のようなものがあるわけではないので、幅広い意味になってしまいますが、基本的には、男女合意の上での関係、と言えるでしょう。
ただし、男性と女性の意識というのは双方異なったものがあるのは当然で、双方合意とはいえ、女性は気持ちが入っているのに対して男性はないとか、その逆とか、微妙な関係の上に成り立っているのも事実です。
こういった性質上、セックスフレンドが長く続くことはあまりなく、どちらからともなく関係が崩れてしまったり、どちらかの感情が踏み込みすぎてしまったり、あるいは圧力などによって終わってしまうことがほとんどのようです。

体の相性、というのは誰が言い始めたことかはもちろんわかりませんが、よく言われる言葉でもあります。
結婚した相手や、今付き合っている相手が、必ずしも体の相性が最高な訳ではなく、そういった不満をお互いが解消できないと、このセフレを作るきっかけになったり、あるいは不仲のきっかけになったりすることも事実です。
逆に、体の相性がすごく良かったから=セフレになるわけではありません。
こういった関係になったからといって、そこから実際に付き合ったり、結婚には発展しなかったりすることがほとんどなのも、この関係の面白いところです。
このように、男女の関係は微妙なのですね。
でも、以外とこのセックスフレンドの関係を持っているという人たちに聞いてみると、「ラク」という言葉が返ってくることが多いのです。
「付き合う必要がない」「プライベートに干渉しないから」「将来のことに関して問われないから」というのが主な理由なのですが、意外と現在の関係に満足していることが多いようです。
考えようによっては、お互いの意識が同じであれば、一番「都合のよい関係」を築けるのでしょう。
少し寂しい時、刺激がほしい時、遊びたい時、本気の人には言えない相談。
そういった場合には、このセックスフレンドくらいの関係で、多少ライトに付き合っていることがとても心地よいと考えるのは、おかしなことではないのかもしれません。

アダルトSNSや出会い系によってこういった出会いのきっかけを持つことは難しくなくなってきました。
当人達の合意があって、他人に迷惑をかけていない状態、社会的・モラル違反もしていない状態であれば、これはこれで成り立つものなのでしょう。
このセフレという関係が、認知されることは今後も考えにくいのですが、その割合自体は増えていくのかもしれませんね。

セフレ探しの定番となるか?アダルトSNSの持つ潜在能力を覗いてみた

インターネット上で、「セフレ」と検索してみると、最近目立つのはアダルトSNS。
そのほとんどは、出会い系の発展として展開されており、場所によっては「あなたの地域ですぐに見つかる」や「でも簡単に見つかる」などといったキャッチフレーズで勧誘をしています。
実際に、セフレというのはそんなに簡単に見つかるものなのでしょうか。
興味本位で、そういったアダルトSNSをちょっと覗いてみました。

セフレ探しで、一番重要な部分はやはりどの地域かということだと思います。
離れすぎていても、会う機会がなくてなかなかそういった関係に発展しづらいでしょうし、近すぎたとしても、どこか気まずい部分や、周りにバレてしまうといったリスクがつきまといます。
ですので、どこのアダルトSNSでも地域選びというのは案外力を入れているような気がします。
数々の出会い系でも、真剣なお付き合いを求める人たちに対して訴求しているところもあれば、アダルトオンリーに振っているところ、そしてセフレ選びに特化したところもあったりして、どこが良いのか選ぶのはなかなか難しそうです。
今回は、そんなアダルトSNSをちょっと廻ってみることにしました。

最初に向かったのは「A」というアダルトSNS。
ここは特に、セフレ募集をうたっているわけではありませんし、もちろんいろんなジャンルの友達紹介のページもあります。
行って見ればごく一般的な出会い系のSNS。
ちょっと期待薄かなと思いながら、ものは試しと思い、覗いてみることにしました。
結果から言ってしまうと、やっぱり期待したものはほとんどありませんでした。
掲示板自体にはそこそこ女性からの書き込みがありましたが、掲示板に男性が書き込んでみてもほとんど返事はありません。
内容を見ても、今すぐに会いたい、とか、割り切ったお付き合いなどの、あからさまに援助交際を匂わせるようなそういった書き込みばかりでした。
ですのでここはちょっと離れることにしました。

次に向かったのは「B」というところ。
ここも、登録しないと書き込みができないので登録をしてみてから、少し巡回してみることにしてみました。
さすがに、アダルトSNSのこととあって、女性からの刺激的な書き込みもたくさんあります。
男性が掲示板に書き込んでも、返事が結構な割合で返ってきます。
返事が返ってきたら早速内容を見てみますが、残念だったのは、その返事がほとんどサポート付きか援助交際ぽいものかの返信だったことです。
なんだか、ちょっと覚めてしまいました。
さらに残念だったのは、登録しただけだったのにその後迷惑メールがたくさんやってきたことです。
今回登録するにあたって、メールアドレスはいわゆる「捨てアド」と呼ばれるものを利用しました。
こういった未知のアダルトSNSに登録するときには、いつもこのように捨てアドを利用します。
とても普段使っているアドレスを登録するのはリスクが高いかもしれません。
ここはさすが使えないかなあ、という感じでした。

最後はやはり、思いっきり大人のお付き合いをうたっている「C」というアダルトSNSにしました。
同じように、捨てアドを起用して登録します。
さて肝心の掲示板ですが、さすがに女性のコメントもそういったセフレに関するものが非常に多いです。
中には、あからさまにこれは嘘だろう、と思えるような内容もありましたか、比較的本当っぽいのも入っていて、なかなか見るほうも楽しませてくれます。
セフレ探し、と言っても当然そればかりではなくて、普通のお悩み相談のような投稿もあったり、また援助交際系の投稿もあったりします。
ここではっと思ったのですが、男性はこういったジャンルの掲示板の方をよくみるもの。
当然アクセスも多くなります。
もしかしたら、勘のいい女性は、それを見越して、いろんな内容の書き込みをこちら側にしているのではないか、とちょっとおもいました。
それがほんとうだったら結構したたかですね。

少し冷やかし半分でアダルトSNSを眺めていると、地域も絶妙で、内容もちょっと気になる投稿があったので実際に返信をしてみました。
しばらくすると、彼女から返信があります。
内容を見てみると、最近彼氏と別れて寂しい思いをしている、なので、せめて体だけでも慰めてくれませんか?といった、何か出来過ぎのような内容が返ってきました。
「うーんなんだかなあ」と思ってしまいました。
実際に、こんなことを書く女性をいるんでしょうか?
それも、会ったことがない見ず知らずの男性、顔も知らない男性に。
そんなことを考えているうちに、時間は経ってしまって結局その女性とのやりとりはそれ以降発展しませんでした。
ちょっと失敗したかな、なんて思ったりして、やっぱタイミングは大事ですね。
やはり、アダルトSNSを使ってのセフレ探しというのはもしかしたら難しいのかもしれません。
でも、今回はさらっとして時間しか見ていないので、実態を完全に把握するまでには至りませんでしたが、このアダルトSNSは一部ではだいぶ盛り上がってきてるようですので、今後が期待できそうです。
なんといっても、出会い系の発展型として展開されていて、SNSという名前から来る抵抗感の無さから女性も登録しやすいようで、どんどん利用者は増えているようですよ。

高齢者ですが、セフレの作り方教えてく

インターネットを利用したアダルトSNSが目立つようになってきました。
アダルトSNSの書き込みを見ていると、案外割り切った付き合いであったり、セックスフレンドの募集らしきものが多数見られます。
アダルトSNSという場所だから、そのような書き込みが多いのかと思ったらそうでもないようですね。
以前ある雑誌にて20代~30代の女性を対象にとったアンケートの結果、8割以上の女性が「日常的にセックスをするパートナーがいる」と回答したそうです。
当然、その年代の女性ですから、結婚している女性もたくさんいるでしょうし、社会に出てきちんとしたパートナーとお付き合いをしている女性も多いと思います。
この「日常的」という意味ですが、少なくとも月に1回以上、という定義だそうです。
そう考えると、1ヶ月に1回以上のセックスをしている女性の割合が8割というのは、その結果だけなら、そんなに驚くべき数字ではないと思うのですが、問題はここからです。
その相手をさらに踏み込んでアンケートしたところ、彼氏・夫と答えた女性は、これも約8割。
残りの2割は「それ以外」と答えているそうです。
その2割の「それ以外」こそ、セックスフレンドの存在に他ならないのではないでしょうか。
このとき、セックスフレンド=純粋にセックスだけの関係、と、セックスフレンド=セックスもすることがある友達としてみると、実はもっと「それ以外」が多くなってくるのではないかと思います。
こういった周りの状況の刺激などが、アダルトSNSでの書き込みにつながっていると考えてもおかしなことではありません。

このセックスフレンド、言葉こそこの数十年で浸透したと思われますが、存在というか実態自体は、すごく昔からあったのではないかと思います。
当然、性にオープンになってきた今でこそこういった言葉がありますが、もともと日本ではあまり大きな声で言える類いの物ではないのでしょうね。
今現在もそういった意識が根強くあるはずですので、統計はあまり当てにならないかもしれません。
そういった付き合いがあっても、言わない、答えない、といったことがあるのではないかと思っています。
明治時代や、大正時代に、同じような統計を取っていたら、どのような結果が出ていたのでしょうか。
少し気になりますね。
セックスフレンドの定義ですが、これとこれを満たしていたらセックスフレンド、のようなものがあるわけではないので、幅広い意味になってしまいますが、基本的には、男女合意の上での関係、と言えるでしょう。
ただし、男性と女性の意識というのは双方異なったものがあるのは当然で、双方合意とはいえ、女性は気持ちが入っているのに対して男性はないとか、その逆とか、微妙な関係の上に成り立っているのも事実です。
こういった性質上、セックスフレンドが長く続くことはあまりなく、どちらからともなく関係が崩れてしまったり、どちらかの感情が踏み込みすぎてしまったり、あるいは圧力などによって終わってしまうことがほとんどのようです。

体の相性、というのは誰が言い始めたことかはもちろんわかりませんが、よく言われる言葉でもあります。
結婚した相手や、今付き合っている相手が、必ずしも体の相性が最高な訳ではなく、そういった不満をお互いが解消できないと、このセフレを作るきっかけになったり、あるいは不仲のきっかけになったりすることも事実です。
逆に、体の相性がすごく良かったから=セフレになるわけではありません。
こういった関係になったからといって、そこから実際に付き合ったり、結婚には発展しなかったりすることがほとんどなのも、この関係の面白いところです。
このように、男女の関係は微妙なのですね。
でも、以外とこのセックスフレンドの関係を持っているという人たちに聞いてみると、「ラク」という言葉が返ってくることが多いのです。
「付き合う必要がない」「プライベートに干渉しないから」「将来のことに関して問われないから」というのが主な理由なのですが、意外と現在の関係に満足していることが多いようです。
考えようによっては、お互いの意識が同じであれば、一番「都合のよい関係」を築けるのでしょう。
少し寂しい時、刺激がほしい時、遊びたい時、本気の人には言えない相談。
そういった場合には、このセックスフレンドくらいの関係で、多少ライトに付き合っていることがとても心地よいと考えるのは、おかしなことではないのかもしれません。

アダルトSNSや出会い系によってこういった出会いのきっかけを持つことは難しくなくなってきました。
当人達の合意があって、他人に迷惑をかけていない状態、社会的・モラル違反もしていない状態であれば、これはこれで成り立つものなのでしょう。
このセフレという関係が、認知されることは今後も考えにくいのですが、その割合自体は増えていくのかもしれませんね。

セフレ探しの定番となるか?アダルトSNSの持つ潜在能力を覗いてみた

インターネット上で、「セフレ」と検索してみると、最近目立つのはアダルトSNS。
そのほとんどは、出会い系の発展として展開されており、場所によっては「あなたの地域ですぐに見つかる」や「でも簡単に見つかる」などといったキャッチフレーズで勧誘をしています。
実際に、セフレというのはそんなに簡単に見つかるものなのでしょうか。
興味本位で、そういったアダルトSNSをちょっと覗いてみました。

セフレ探しで、一番重要な部分はやはりどの地域かということだと思います。
離れすぎていても、会う機会がなくてなかなかそういった関係に発展しづらいでしょうし、近すぎたとしても、どこか気まずい部分や、周りにバレてしまうといったリスクがつきまといます。
ですので、どこのアダルトSNSでも地域選びというのは案外力を入れているような気がします。
数々の出会い系でも、真剣なお付き合いを求める人たちに対して訴求しているところもあれば、アダルトオンリーに振っているところ、そしてセフレ選びに特化したところもあったりして、どこが良いのか選ぶのはなかなか難しそうです。
今回は、そんなアダルトSNSをちょっと廻ってみることにしました。

最初に向かったのは「A」というアダルトSNS。
ここは特に、セフレ募集をうたっているわけではありませんし、もちろんいろんなジャンルの友達紹介のページもあります。
行って見ればごく一般的な出会い系のSNS。
ちょっと期待薄かなと思いながら、ものは試しと思い、覗いてみることにしました。
結果から言ってしまうと、やっぱり期待したものはほとんどありませんでした。
掲示板自体にはそこそこ女性からの書き込みがありましたが、掲示板に男性が書き込んでみてもほとんど返事はありません。
内容を見ても、今すぐに会いたい、とか、割り切ったお付き合いなどの、あからさまに援助交際を匂わせるようなそういった書き込みばかりでした。
ですのでここはちょっと離れることにしました。

次に向かったのは「B」というところ。
ここも、登録しないと書き込みができないので登録をしてみてから、少し巡回してみることにしてみました。
さすがに、アダルトSNSのこととあって、女性からの刺激的な書き込みもたくさんあります。
男性が掲示板に書き込んでも、返事が結構な割合で返ってきます。
返事が返ってきたら早速内容を見てみますが、残念だったのは、その返事がほとんどサポート付きか援助交際ぽいものかの返信だったことです。
なんだか、ちょっと覚めてしまいました。
さらに残念だったのは、登録しただけだったのにその後迷惑メールがたくさんやってきたことです。
今回登録するにあたって、メールアドレスはいわゆる「捨てアド」と呼ばれるものを利用しました。
こういった未知のアダルトSNSに登録するときには、いつもこのように捨てアドを利用します。
とても普段使っているアドレスを登録するのはリスクが高いかもしれません。
ここはさすが使えないかなあ、という感じでした。

最後はやはり、思いっきり大人のお付き合いをうたっている「C」というアダルトSNSにしました。
同じように、捨てアドを起用して登録します。
さて肝心の掲示板ですが、さすがに女性のコメントもそういったセフレに関するものが非常に多いです。
中には、あからさまにこれは嘘だろう、と思えるような内容もありましたか、比較的本当っぽいのも入っていて、なかなか見るほうも楽しませてくれます。
セフレ探し、と言っても当然そればかりではなくて、普通のお悩み相談のような投稿もあったり、また援助交際系の投稿もあったりします。
ここではっと思ったのですが、男性はこういったジャンルの掲示板の方をよくみるもの。
当然アクセスも多くなります。
もしかしたら、勘のいい女性は、それを見越して、いろんな内容の書き込みをこちら側にしているのではないか、とちょっとおもいました。
それがほんとうだったら結構したたかですね。

少し冷やかし半分でアダルトSNSを眺めていると、地域も絶妙で、内容もちょっと気になる投稿があったので実際に返信をしてみました。
しばらくすると、彼女から返信があります。
内容を見てみると、最近彼氏と別れて寂しい思いをしている、なので、せめて体だけでも慰めてくれませんか?といった、何か出来過ぎのような内容が返ってきました。
「うーんなんだかなあ」と思ってしまいました。
実際に、こんなことを書く女性をいるんでしょうか?
それも、会ったことがない見ず知らずの男性、顔も知らない男性に。
そんなことを考えているうちに、時間は経ってしまって結局その女性とのやりとりはそれ以降発展しませんでした。
ちょっと失敗したかな、なんて思ったりして、やっぱタイミングは大事ですね。
やはり、アダルトSNSを使ってのセフレ探しというのはもしかしたら難しいのかもしれません。
でも、今回はさらっとして時間しか見ていないので、実態を完全に把握するまでには至りませんでしたが、このアダルトSNSは一部ではだいぶ盛り上がってきてるようですので、今後が期待できそうです。
なんといっても、出会い系の発展型として展開されていて、SNSという名前から来る抵抗感の無さから女性も登録しやすいようで、どんどん利用者は増えているようですよ。

高齢 セフレ

インターネットを利用したアダルトSNSが目立つようになってきました。
アダルトSNSの書き込みを見ていると、案外割り切った付き合いであったり、セックスフレンドの募集らしきものが多数見られます。
アダルトSNSという場所だから、そのような書き込みが多いのかと思ったらそうでもないようですね。
以前ある雑誌にて20代~30代の女性を対象にとったアンケートの結果、8割以上の女性が「日常的にセックスをするパートナーがいる」と回答したそうです。
当然、その年代の女性ですから、結婚している女性もたくさんいるでしょうし、社会に出てきちんとしたパートナーとお付き合いをしている女性も多いと思います。
この「日常的」という意味ですが、少なくとも月に1回以上、という定義だそうです。
そう考えると、1ヶ月に1回以上のセックスをしている女性の割合が8割というのは、その結果だけなら、そんなに驚くべき数字ではないと思うのですが、問題はここからです。
その相手をさらに踏み込んでアンケートしたところ、彼氏・夫と答えた女性は、これも約8割。
残りの2割は「それ以外」と答えているそうです。
その2割の「それ以外」こそ、セックスフレンドの存在に他ならないのではないでしょうか。
このとき、セックスフレンド=純粋にセックスだけの関係、と、セックスフレンド=セックスもすることがある友達としてみると、実はもっと「それ以外」が多くなってくるのではないかと思います。
こういった周りの状況の刺激などが、アダルトSNSでの書き込みにつながっていると考えてもおかしなことではありません。

このセックスフレンド、言葉こそこの数十年で浸透したと思われますが、存在というか実態自体は、すごく昔からあったのではないかと思います。
当然、性にオープンになってきた今でこそこういった言葉がありますが、もともと日本ではあまり大きな声で言える類いの物ではないのでしょうね。
今現在もそういった意識が根強くあるはずですので、統計はあまり当てにならないかもしれません。
そういった付き合いがあっても、言わない、答えない、といったことがあるのではないかと思っています。
明治時代や、大正時代に、同じような統計を取っていたら、どのような結果が出ていたのでしょうか。
少し気になりますね。
セックスフレンドの定義ですが、これとこれを満たしていたらセックスフレンド、のようなものがあるわけではないので、幅広い意味になってしまいますが、基本的には、男女合意の上での関係、と言えるでしょう。
ただし、男性と女性の意識というのは双方異なったものがあるのは当然で、双方合意とはいえ、女性は気持ちが入っているのに対して男性はないとか、その逆とか、微妙な関係の上に成り立っているのも事実です。
こういった性質上、セックスフレンドが長く続くことはあまりなく、どちらからともなく関係が崩れてしまったり、どちらかの感情が踏み込みすぎてしまったり、あるいは圧力などによって終わってしまうことがほとんどのようです。

体の相性、というのは誰が言い始めたことかはもちろんわかりませんが、よく言われる言葉でもあります。
結婚した相手や、今付き合っている相手が、必ずしも体の相性が最高な訳ではなく、そういった不満をお互いが解消できないと、このセフレを作るきっかけになったり、あるいは不仲のきっかけになったりすることも事実です。
逆に、体の相性がすごく良かったから=セフレになるわけではありません。
こういった関係になったからといって、そこから実際に付き合ったり、結婚には発展しなかったりすることがほとんどなのも、この関係の面白いところです。
このように、男女の関係は微妙なのですね。
でも、以外とこのセックスフレンドの関係を持っているという人たちに聞いてみると、「ラク」という言葉が返ってくることが多いのです。
「付き合う必要がない」「プライベートに干渉しないから」「将来のことに関して問われないから」というのが主な理由なのですが、意外と現在の関係に満足していることが多いようです。
考えようによっては、お互いの意識が同じであれば、一番「都合のよい関係」を築けるのでしょう。
少し寂しい時、刺激がほしい時、遊びたい時、本気の人には言えない相談。
そういった場合には、このセックスフレンドくらいの関係で、多少ライトに付き合っていることがとても心地よいと考えるのは、おかしなことではないのかもしれません。

アダルトSNSや出会い系によってこういった出会いのきっかけを持つことは難しくなくなってきました。
当人達の合意があって、他人に迷惑をかけていない状態、社会的・モラル違反もしていない状態であれば、これはこれで成り立つものなのでしょう。
このセフレという関係が、認知されることは今後も考えにくいのですが、その割合自体は増えていくのかもしれませんね。

セフレ探しの定番となるか?アダルトSNSの持つ潜在能力を覗いてみた

インターネット上で、「セフレ」と検索してみると、最近目立つのはアダルトSNS。
そのほとんどは、出会い系の発展として展開されており、場所によっては「あなたの地域ですぐに見つかる」や「でも簡単に見つかる」などといったキャッチフレーズで勧誘をしています。
実際に、セフレというのはそんなに簡単に見つかるものなのでしょうか。
興味本位で、そういったアダルトSNSをちょっと覗いてみました。

セフレ探しで、一番重要な部分はやはりどの地域かということだと思います。
離れすぎていても、会う機会がなくてなかなかそういった関係に発展しづらいでしょうし、近すぎたとしても、どこか気まずい部分や、周りにバレてしまうといったリスクがつきまといます。
ですので、どこのアダルトSNSでも地域選びというのは案外力を入れているような気がします。
数々の出会い系でも、真剣なお付き合いを求める人たちに対して訴求しているところもあれば、アダルトオンリーに振っているところ、そしてセフレ選びに特化したところもあったりして、どこが良いのか選ぶのはなかなか難しそうです。
今回は、そんなアダルトSNSをちょっと廻ってみることにしました。

最初に向かったのは「A」というアダルトSNS。
ここは特に、セフレ募集をうたっているわけではありませんし、もちろんいろんなジャンルの友達紹介のページもあります。
行って見ればごく一般的な出会い系のSNS。
ちょっと期待薄かなと思いながら、ものは試しと思い、覗いてみることにしました。
結果から言ってしまうと、やっぱり期待したものはほとんどありませんでした。
掲示板自体にはそこそこ女性からの書き込みがありましたが、掲示板に男性が書き込んでみてもほとんど返事はありません。
内容を見ても、今すぐに会いたい、とか、割り切ったお付き合いなどの、あからさまに援助交際を匂わせるようなそういった書き込みばかりでした。
ですのでここはちょっと離れることにしました。

次に向かったのは「B」というところ。
ここも、登録しないと書き込みができないので登録をしてみてから、少し巡回してみることにしてみました。
さすがに、アダルトSNSのこととあって、女性からの刺激的な書き込みもたくさんあります。
男性が掲示板に書き込んでも、返事が結構な割合で返ってきます。
返事が返ってきたら早速内容を見てみますが、残念だったのは、その返事がほとんどサポート付きか援助交際ぽいものかの返信だったことです。
なんだか、ちょっと覚めてしまいました。
さらに残念だったのは、登録しただけだったのにその後迷惑メールがたくさんやってきたことです。
今回登録するにあたって、メールアドレスはいわゆる「捨てアド」と呼ばれるものを利用しました。
こういった未知のアダルトSNSに登録するときには、いつもこのように捨てアドを利用します。
とても普段使っているアドレスを登録するのはリスクが高いかもしれません。
ここはさすが使えないかなあ、という感じでした。

最後はやはり、思いっきり大人のお付き合いをうたっている「C」というアダルトSNSにしました。
同じように、捨てアドを起用して登録します。
さて肝心の掲示板ですが、さすがに女性のコメントもそういったセフレに関するものが非常に多いです。
中には、あからさまにこれは嘘だろう、と思えるような内容もありましたか、比較的本当っぽいのも入っていて、なかなか見るほうも楽しませてくれます。
セフレ探し、と言っても当然そればかりではなくて、普通のお悩み相談のような投稿もあったり、また援助交際系の投稿もあったりします。
ここではっと思ったのですが、男性はこういったジャンルの掲示板の方をよくみるもの。
当然アクセスも多くなります。
もしかしたら、勘のいい女性は、それを見越して、いろんな内容の書き込みをこちら側にしているのではないか、とちょっとおもいました。
それがほんとうだったら結構したたかですね。

少し冷やかし半分でアダルトSNSを眺めていると、地域も絶妙で、内容もちょっと気になる投稿があったので実際に返信をしてみました。
しばらくすると、彼女から返信があります。
内容を見てみると、最近彼氏と別れて寂しい思いをしている、なので、せめて体だけでも慰めてくれませんか?といった、何か出来過ぎのような内容が返ってきました。
「うーんなんだかなあ」と思ってしまいました。
実際に、こんなことを書く女性をいるんでしょうか?
それも、会ったことがない見ず知らずの男性、顔も知らない男性に。
そんなことを考えているうちに、時間は経ってしまって結局その女性とのやりとりはそれ以降発展しませんでした。
ちょっと失敗したかな、なんて思ったりして、やっぱタイミングは大事ですね。
やはり、アダルトSNSを使ってのセフレ探しというのはもしかしたら難しいのかもしれません。
でも、今回はさらっとして時間しか見ていないので、実態を完全に把握するまでには至りませんでしたが、このアダルトSNSは一部ではだいぶ盛り上がってきてるようですので、今後が期待できそうです。
なんといっても、出会い系の発展型として展開されていて、SNSという名前から来る抵抗感の無さから女性も登録しやすいようで、どんどん利用者は増えているようですよ。

高知市 セフレ

インターネットを利用したアダルトSNSが目立つようになってきました。
アダルトSNSの書き込みを見ていると、案外割り切った付き合いであったり、セックスフレンドの募集らしきものが多数見られます。
アダルトSNSという場所だから、そのような書き込みが多いのかと思ったらそうでもないようですね。
以前ある雑誌にて20代~30代の女性を対象にとったアンケートの結果、8割以上の女性が「日常的にセックスをするパートナーがいる」と回答したそうです。
当然、その年代の女性ですから、結婚している女性もたくさんいるでしょうし、社会に出てきちんとしたパートナーとお付き合いをしている女性も多いと思います。
この「日常的」という意味ですが、少なくとも月に1回以上、という定義だそうです。
そう考えると、1ヶ月に1回以上のセックスをしている女性の割合が8割というのは、その結果だけなら、そんなに驚くべき数字ではないと思うのですが、問題はここからです。
その相手をさらに踏み込んでアンケートしたところ、彼氏・夫と答えた女性は、これも約8割。
残りの2割は「それ以外」と答えているそうです。
その2割の「それ以外」こそ、セックスフレンドの存在に他ならないのではないでしょうか。
このとき、セックスフレンド=純粋にセックスだけの関係、と、セックスフレンド=セックスもすることがある友達としてみると、実はもっと「それ以外」が多くなってくるのではないかと思います。
こういった周りの状況の刺激などが、アダルトSNSでの書き込みにつながっていると考えてもおかしなことではありません。

このセックスフレンド、言葉こそこの数十年で浸透したと思われますが、存在というか実態自体は、すごく昔からあったのではないかと思います。
当然、性にオープンになってきた今でこそこういった言葉がありますが、もともと日本ではあまり大きな声で言える類いの物ではないのでしょうね。
今現在もそういった意識が根強くあるはずですので、統計はあまり当てにならないかもしれません。
そういった付き合いがあっても、言わない、答えない、といったことがあるのではないかと思っています。
明治時代や、大正時代に、同じような統計を取っていたら、どのような結果が出ていたのでしょうか。
少し気になりますね。
セックスフレンドの定義ですが、これとこれを満たしていたらセックスフレンド、のようなものがあるわけではないので、幅広い意味になってしまいますが、基本的には、男女合意の上での関係、と言えるでしょう。
ただし、男性と女性の意識というのは双方異なったものがあるのは当然で、双方合意とはいえ、女性は気持ちが入っているのに対して男性はないとか、その逆とか、微妙な関係の上に成り立っているのも事実です。
こういった性質上、セックスフレンドが長く続くことはあまりなく、どちらからともなく関係が崩れてしまったり、どちらかの感情が踏み込みすぎてしまったり、あるいは圧力などによって終わってしまうことがほとんどのようです。

体の相性、というのは誰が言い始めたことかはもちろんわかりませんが、よく言われる言葉でもあります。
結婚した相手や、今付き合っている相手が、必ずしも体の相性が最高な訳ではなく、そういった不満をお互いが解消できないと、このセフレを作るきっかけになったり、あるいは不仲のきっかけになったりすることも事実です。
逆に、体の相性がすごく良かったから=セフレになるわけではありません。
こういった関係になったからといって、そこから実際に付き合ったり、結婚には発展しなかったりすることがほとんどなのも、この関係の面白いところです。
このように、男女の関係は微妙なのですね。
でも、以外とこのセックスフレンドの関係を持っているという人たちに聞いてみると、「ラク」という言葉が返ってくることが多いのです。
「付き合う必要がない」「プライベートに干渉しないから」「将来のことに関して問われないから」というのが主な理由なのですが、意外と現在の関係に満足していることが多いようです。
考えようによっては、お互いの意識が同じであれば、一番「都合のよい関係」を築けるのでしょう。
少し寂しい時、刺激がほしい時、遊びたい時、本気の人には言えない相談。
そういった場合には、このセックスフレンドくらいの関係で、多少ライトに付き合っていることがとても心地よいと考えるのは、おかしなことではないのかもしれません。

アダルトSNSや出会い系によってこういった出会いのきっかけを持つことは難しくなくなってきました。
当人達の合意があって、他人に迷惑をかけていない状態、社会的・モラル違反もしていない状態であれば、これはこれで成り立つものなのでしょう。
このセフレという関係が、認知されることは今後も考えにくいのですが、その割合自体は増えていくのかもしれませんね。

セフレ探しの定番となるか?アダルトSNSの持つ潜在能力を覗いてみた

インターネット上で、「セフレ」と検索してみると、最近目立つのはアダルトSNS。
そのほとんどは、出会い系の発展として展開されており、場所によっては「あなたの地域ですぐに見つかる」や「でも簡単に見つかる」などといったキャッチフレーズで勧誘をしています。
実際に、セフレというのはそんなに簡単に見つかるものなのでしょうか。
興味本位で、そういったアダルトSNSをちょっと覗いてみました。

セフレ探しで、一番重要な部分はやはりどの地域かということだと思います。
離れすぎていても、会う機会がなくてなかなかそういった関係に発展しづらいでしょうし、近すぎたとしても、どこか気まずい部分や、周りにバレてしまうといったリスクがつきまといます。
ですので、どこのアダルトSNSでも地域選びというのは案外力を入れているような気がします。
数々の出会い系でも、真剣なお付き合いを求める人たちに対して訴求しているところもあれば、アダルトオンリーに振っているところ、そしてセフレ選びに特化したところもあったりして、どこが良いのか選ぶのはなかなか難しそうです。
今回は、そんなアダルトSNSをちょっと廻ってみることにしました。

最初に向かったのは「A」というアダルトSNS。
ここは特に、セフレ募集をうたっているわけではありませんし、もちろんいろんなジャンルの友達紹介のページもあります。
行って見ればごく一般的な出会い系のSNS。
ちょっと期待薄かなと思いながら、ものは試しと思い、覗いてみることにしました。
結果から言ってしまうと、やっぱり期待したものはほとんどありませんでした。
掲示板自体にはそこそこ女性からの書き込みがありましたが、掲示板に男性が書き込んでみてもほとんど返事はありません。
内容を見ても、今すぐに会いたい、とか、割り切ったお付き合いなどの、あからさまに援助交際を匂わせるようなそういった書き込みばかりでした。
ですのでここはちょっと離れることにしました。

次に向かったのは「B」というところ。
ここも、登録しないと書き込みができないので登録をしてみてから、少し巡回してみることにしてみました。
さすがに、アダルトSNSのこととあって、女性からの刺激的な書き込みもたくさんあります。
男性が掲示板に書き込んでも、返事が結構な割合で返ってきます。
返事が返ってきたら早速内容を見てみますが、残念だったのは、その返事がほとんどサポート付きか援助交際ぽいものかの返信だったことです。
なんだか、ちょっと覚めてしまいました。
さらに残念だったのは、登録しただけだったのにその後迷惑メールがたくさんやってきたことです。
今回登録するにあたって、メールアドレスはいわゆる「捨てアド」と呼ばれるものを利用しました。
こういった未知のアダルトSNSに登録するときには、いつもこのように捨てアドを利用します。
とても普段使っているアドレスを登録するのはリスクが高いかもしれません。
ここはさすが使えないかなあ、という感じでした。

最後はやはり、思いっきり大人のお付き合いをうたっている「C」というアダルトSNSにしました。
同じように、捨てアドを起用して登録します。
さて肝心の掲示板ですが、さすがに女性のコメントもそういったセフレに関するものが非常に多いです。
中には、あからさまにこれは嘘だろう、と思えるような内容もありましたか、比較的本当っぽいのも入っていて、なかなか見るほうも楽しませてくれます。
セフレ探し、と言っても当然そればかりではなくて、普通のお悩み相談のような投稿もあったり、また援助交際系の投稿もあったりします。
ここではっと思ったのですが、男性はこういったジャンルの掲示板の方をよくみるもの。
当然アクセスも多くなります。
もしかしたら、勘のいい女性は、それを見越して、いろんな内容の書き込みをこちら側にしているのではないか、とちょっとおもいました。
それがほんとうだったら結構したたかですね。

少し冷やかし半分でアダルトSNSを眺めていると、地域も絶妙で、内容もちょっと気になる投稿があったので実際に返信をしてみました。
しばらくすると、彼女から返信があります。
内容を見てみると、最近彼氏と別れて寂しい思いをしている、なので、せめて体だけでも慰めてくれませんか?といった、何か出来過ぎのような内容が返ってきました。
「うーんなんだかなあ」と思ってしまいました。
実際に、こんなことを書く女性をいるんでしょうか?
それも、会ったことがない見ず知らずの男性、顔も知らない男性に。
そんなことを考えているうちに、時間は経ってしまって結局その女性とのやりとりはそれ以降発展しませんでした。
ちょっと失敗したかな、なんて思ったりして、やっぱタイミングは大事ですね。
やはり、アダルトSNSを使ってのセフレ探しというのはもしかしたら難しいのかもしれません。
でも、今回はさらっとして時間しか見ていないので、実態を完全に把握するまでには至りませんでしたが、このアダルトSNSは一部ではだいぶ盛り上がってきてるようですので、今後が期待できそうです。
なんといっても、出会い系の発展型として展開されていて、SNSという名前から来る抵抗感の無さから女性も登録しやすいようで、どんどん利用者は増えているようですよ。